信用出来るビル清掃業者の選び方

賃貸オフィスやビルメンテナンスサービスを提供されている会社にとって重要なのは、どの業者にビル清掃をお願いするかということでしょう。ビルの清掃は入居されているテナント様の満足度に直結します。例えば、テナント様のお客様がオフィスにいらっしゃった時にその会社のオフィスの中がいくら綺麗に清掃されていたとしても、共有部分が汚れていたり、トイレの清掃が行き届いていなかったりした場合、テナント様の信用にも影響が出かねません。清掃が行き届いていないオフィスビルに長い間オフィスを構え続けようとは、借りる立場からすれば思わないことでしょう。一度テナント様が出て行くと、新規テナント様や会社を探すことは大変です。募集広告を出したり、不動産会社にお願いをする費用が発生してしまいます。

行き届いた清掃で害虫やネズミの発生を抑える

ビル清掃で特に神経を使うのが飲食店が入居されているビルの清掃です。飲食店では、万が一ゴキブリなどの害虫や、ネズミが発生した場合大変な事になってしまいます。万が一害虫や害獣が店内にいるところをお客様に見られてしまうと今の時代すぐにSNSなどで拡散されてしまいますので、その店舗の経営危機にも繋がりかねません。清潔なビルでなければ、飲食店のテナント様はなかなか入居してくれないのが現実です。定期的なビル清掃は特に飲食店が入居するビルに関しては欠かすことが出来ません。清掃業者の見極め方としては丁寧な清掃を心がけている会社を選ぶようにしましょう。定期的に発生するコストですので、安い業者に業務委託したくなるのはどのビルの運営会社も同じですが、安くても掃除がおざなりでは意味がありません。

清掃スタッフの教育も行き届いた会社を選ぶ

ビルの清掃は階段や踊り場、共有スペースの清掃を行うことはもちろんですが、入居されているテナント様との契約内容によっては、オフィスの中や店舗の中に関しても清掃を行います。その際は営業が終わった時間に清掃に入ることになりますので、一般的に店舗やオフィスが無人の時間帯に清掃に入ることになります。もしかすると現金や、企業機密が置かれている可能性もあり、万が一の場合を考えると信用出来る清掃スタッフを雇用している会社に委託しなければなりません。まずは、どこかで窃盗やデータ流失などの問題を起こしたことがあるような業者とは契約をしないことはもちろんのこと、企業の運営年数も長い企業の方が信用度が高いと言えるでしょう。また、一度契約を結ぶと長期間に渡って仕事をお願いする関係になりますので、信用出来る担当者がいる会社にお願いをするようにしましょう。